» 2012 » 2月のブログ記事

今はもう、駅のホームで電車を待っている間も、乗っている間も、まわりを見渡すとたくさんの人たちが携帯をいじっています。喫茶店で時間をつぶすのもマンガ雑誌やスポーツ新聞ではなく携帯です。
一人でいるときの待ち時間は携帯というのは、もはや日本中で見慣れた光景になりました。
ただ、ちょっと気づいたことがあるんですが、トイレの順番待ちをしているときは携帯をいじっている人がほとんどいません。エレベーターの中のわずかな時間ですら携帯を取り出す人がいるし、歩きながら携帯を見ている人だっているというのに、トイレ待ちのときに携帯を確認しないのはなぜなのか、不思議でなりません。
みんな携帯なんていじってる余裕がないほどに切迫して行列に並んでいるということなのでしょうか。